2013年02月28日

6月30日LIVE!…ギタリストkazh


LAsunshine.jpg


僕のrespectするギタリスト、トラック・メーカーにkazh(浜谷和彦)という人がいます。彼は58歳の若さで他界してしまいました。僕がこうして音楽をしていられるのも、彼の力が大きいです。彼は、アメリカLAで20数年間、生活をしておりました。大阪芸大では、映像を勉強しつつ、ギターひと筋に生きておられました。僕と同い年だった彼は、アメリカに来るように僕を引っ張って下さいました。ビートには大変うるさい人で、ギター・プレイやトラックを聴くと、そのブレない音楽生活とテクニックに、頭が下がる思いです。

彼はアメリカ生活で、元アース・ウィンド・アンド・ファイヤーのギタリスト、Johnny Graham(ジョニー・グラハム)さんにギターを習って、生活を共にし、すっかり、日本にいた時のプレイを捨て去り、素晴らしいギター・カッティングを聞かせてくれました。日本の音楽とはまったく違う、本場アメリカの黒人音楽、HIPHOP、R&B、Funkの中に溶け込んでいました。僕は、ずっと彼から、16ビートのタイトさと、On the ONEについて聞かされ、「それが出来るまでLIVEはするな!出来てるヤツとやれ。」と云われていました。と、言うわけで、僕もアメリカLAに住むことになったのでした。そうして、chi-Bちゃんも、僕が、音楽の道へと引っ張り込んだというわけです。

3.11の数年前に、彼は生活の場をLAから東京へ移し、若手ミュージシャンに16ビートを教えることになったのですが、3.11の大震災と原発事故で、ずっと怒りながら、その住みかを東京から福岡へと移住した矢先、彼は癌でこの世を去って行きました。2011年10月2日のことです。

時どき、chi-B&masta.Gは、空の星を見上げて彼のことを思います。「淋しいな。」「彼のギター・プレイを日本のみんなに見て欲しかったなぁ。」と、彼を偲んでいます。今、chi-B&masta.Gがコンサートができるのも、彼のお陰だと感謝しています。彼は、「グルーヴができるまで、LIVEをするな。」とよく言いました。僕は彼に、「一生のうち、何回LIVEするつもりなんや!いつまで生きられるんや!!音楽は社会に対して奉仕するもんや。」と言い返したのでした。彼はあっという間に、その言葉に応えるように死んでしまいました。彼の音楽はCD-Rになって、その姿は人前に出ることなく、死んでしまいました。『OSAKA』『金色の月』『平和RAPPA』『TAXI』『知らんふり知らんぷり』『Smile 4 Me,笑ってごらん』『Flying Bird』『16ビートに恋した乙女の物語』『Silent Prayer』等々の作品というウンコをまき散らしながら。

彼のギターを聞くことを幸せだと思い、今も彼のバックトラックとともに練習とLIVEをすることを続けています。彼といっしょにLIVEをしたかったなぁ〜と思い、6月30日は彼がいてると思いながら、つまらん日本の行政や政治を踏みつぶして、そこに集中することになります。KG-Kさんや清水興さん、糸川燿史さん、chi-Bちゃん、そしてスタッフの人々と共に、楽しいひと時になります。コンサートの最後は、彼の写真をスクリーンに映して終わりたいと思っています。On the ONE、僕たちはずっとビートをKeep Onし続けるだけなんです。糸川さんの言葉にあるように、「わかってもらおうなんて思っていません。」Keepし続けるだけです。Keep On、ただそれだけです。Keep On!

…♂…
posted by masta.G at 01:37| 大阪 ☀| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

6.30LIVE。出演者chi-Bの巻


820849_561787440499437_1272517171_o.jpg


僕のrespectするシンガー/ラッパーにchi-Bちゃんがいます。彼女には、アメリカで大変お世話になった。英語が堪能なんです。作詞・作曲もするし、すごーく長い詞を覚えてんねんからビックリです。今、彼女は藤井寺と羽曳野のさかい目の貧乏長屋のはしっこに、母と二人暮らし。お母さんは歩くこともままならず、話もあっち行きこっち行き。朝から夜おそくまで、洗濯、掃除、食事の支度、夜中にはオシッコの世話。いつ寝るんや、という感じなんです。だから、あんまり私達chi-B&masta.GのLIVEはできません。

この間、僕は天使を見ました。夜おそく、chi-Bちゃんを送っていくその坂を登っていると、急にパッパッパとchi-Bちゃんが走り出した。僕はどうしたのかさっぱりわからず、100メートルぐらい先の、彼女を見つめた。杖をついた人影と話しているようだ。その二人の影は、腕を組みながら通りから消えていった。あわてて僕は走って後を追った。ハァハァ、近所の犬がワンワンと吠える。ハァハァ。その影は二つに分かれ、chi-Bちゃんが帰って来た。「どうしたん?」「あのおばあちゃん、寒いかっこで外に出てきてんねん。ほんで、自分の家、わからんねんて。」…「この間もそうみたいやって、近所の家ピンポン鳴らして、おばあちゃんの家探しあてて送ってん」、という。坂道をパッパッパッと足音鳴らして駆け上がっていく後姿には、黒いリュックに天使の羽根が生えている。空を見るとお月さま。chi-Bのお父ちゃんのふっくらとした笑顔が見える。あれから三度、同じことがありました。おばあちゃんは、自分の家がわからなくなる。くっと胸が熱くなる。涙こぼれそうになる。天使のchi-Bちゃんは、僕に「ありがとう」と言う。彼女は、何もいいことをしている気なんてなく、動物のように、当たり前のように、パタパタと走る。

玄関先でchi-Bちゃんを見送り、坂道びんぼう坂を下る。「ただいま!」大きな声が貧乏長屋のはしっこから響く。お母さんが倒れてないか心配で、僕は足を止める。振り返って見る。空には僕の父や友達が輝いている。地球上で、respectする動物がいます。南米に住むムリキという猿です。みなさん、一度調べてみて下さい。人間はどうもアカン動物のようです。みんな天使の羽根はどこいったんやろうか。最後に、Kagoshima Jazz Streetの平田誠さんの名刺の裏に、マザー・テレサ女史の言葉が何故か書いてあるのを、ここでご紹介しておきます。



あなたの中の最良のものを
     マザー・テレサ女史

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的で
それをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で、
誠実であり続けなさい。

あなたが作りあげたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、
恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
けり返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい。


第二回 WAKE UP!LIVE @ FUJIIDERAは、9月28日(土)、日本を代表するJAZZピアニスト、近秀樹カルテットを行います。大阪芸大のフルバンドも出演いたします。どうぞ、近秀樹さんのジャズ・ピアノをお楽しみください。

…♂…




posted by masta.G at 15:41| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

6.30LIVEに出演!清水興さんの巻


G26Ko5.jpg


僕のrespectするBassist、清水興さん。Dr.KO、シミちゃん。(ナニワエキスプレス)心斎橋にあった”デューク”というお店で、初めてナニワのLIVEを見た。藤井寺で、僕がやっていたライブハウスBAGUSでもナニワのLIVEをやった。東原力哉さんの楽器を運んで、彼の足元を見ると、ロンドンブーツ!ロングヘアーで、まるでハードロック・ドラマー。演奏を聴くとJAZZ。ナニワのリーダー清水興さんが怒ったらこわいよ!

僕のライブハウスでは、ナニワエキスプレスと共に、芸術家・元芸大の先生の藤本由紀夫さんとのコラボを企画した。同日、彼はレコードをパック(女性が顔にするあの白いパック)して、音を反転させたものを取って、それに針を落としてスクラッチした。大きな白い布を店中に張りめぐらせて、えらい感じになった。それ以来、僕も照明に力を入れるようになった。この後のメディスン・バッグ(清水興さんb. 御薬袋さんds.中村健治さんkey.)のライブでは、僕はリズムが好きなので、照明を楽しんでやらせてもらった。彼らの演奏曲の楽譜まで書いてもらって、セクションを合わすようになった。音楽にとって照明は大切です。いい照明屋さんにあたったことはまだない。今日のバーグの照明さん、よろしく!

その後、僕はLAに移り住んだ。LA暴動の直後、まだ煙臭いモーター・アベニューにシミちゃんは元気に現れた。LAの音を聴かせると、キラキラした目で笑ってた。怖い清水興さんの姿はかけらもなかった。ハリウッドで会った二回目は、彼の隠れ宿。chi-Bちゃんを誘って、そのホテルに行った。彼は時差ぼけで、ビールを飲むと、テーブルに足を投げ出し、すぐに眠ってしまった。彼はどこでもすぐに寝れる特技があるみたい(?)彼が目を覚ました。最後に、「chi-Bちゃんに音楽をさせようと思ってんねん。彼女、英語もできるし、どうやろう?」…「エエがな~。エエんちゃう?」元気な軽い返事に、心軽く、僕たちは彼の部屋を後にした。

そしてまた、LAでのこと。僕の電話が鳴った。「ハロ〜、This is Ko Shimizu!! May I speak to Masaji Tsujikawa??」「エッ、シミちゃん!どこにおるん?」「明日サンセット・ブルバードとフェアファックスのクロスした、2ブロック東のスタジオにおいでよ!」「行く行く!」…まあ、歩いていける所みたいなんで、人に聞きながら行く。もらった住所の場所に行くと、金網と車。パーキングみたいな所。ココがスタジオ?インターホンで自分のこと云って、清水興さんに会いに来たと云うと、ギィィィっと入口が開く。ホンマにスタジオ?奥にある建物に行く。そこには山岸潤史さん(g.)、ジェームス・ギャドソンさん(ds.)、デビッド・T・ウォーカーさん(g.)…凄い人たちが居た。Band of Pleasureのメンバー達であった。そして、シミちゃん(b.)それに、現地のコーディネーター&マネージャー。録音中は、邪魔にならんように外で現地のコーディネーターと僕のちょっとワカラン英語で話す。(こういうのんは仕事柄、僕は心得てんねんナ。)Mr.山岸のあだ名知ってるか?と聞いてくる。知ってるよ!チキンて呼ばれてる。チキンてどういうことかわかるか?わかるよ!けど、彼のギターはチキンとちゃう、と言い返す。彼のギターはジミ・ヘンドリックスのようにクレイジーで、リズム、カッティングはジャストポケットや!というと、お前わかっとんな、と意気投合する。一変して和やかな友だちに変わる。

シミちゃんこと清水興さんは、藤井寺市民会館でのWe Are Soulmen/エキサイディングライブin藤井寺、等もプロデュース&出演してもらって、早20数年んのお付き合いになります。DJのKG-Kさんを紹介してくれたのもシミちゃんです。そのお陰で、chi-B&masta.GはCDデビューできたのでした。この場を借りてThank You!!ライブ会場では、怖がらず気軽に大きな声でシミちゃん!!と声をかけて下さい。きっとニコッと笑ってくれるよ。彼は、インターナショナルなスター・ミュージシャンですから!

6月30日(日)藤井寺市民会館小ホールでのLIVEに清水興さんも出演してくれます。皆さん、どうぞお楽しみに!!!!

…♂…
posted by masta.G at 01:30| 大阪 ☀| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

糸川燿史さん。6.30ライブWake up, OSAKA出演!?


Yoshi_san.jpg


僕のrespectする写真家・映像クリエイター、糸川燿史さん。『東の篠山紀信。西の糸川燿史。』と云われる糸川さん。78歳の糸川さん。「もう身体が…」とおっしゃっていますが、糸川さんの写真はパンクです。若いんです。ものごとのとらえ方が深くて新しい。アナログとデジタルのバランスの取れた、若い人でも撮れない作品を見せて下さいます。ビデオムービーを作っておられて、これがまた何だかわからん映画なんですが、よく見ていると、アッ!ここや、と思えるシーンというか、核があるのです。「人にわかってもらおうなんて思っていません。」と言い切る。パンクなんですよネ!そして、何よりも、ミュージシャン、芸人さん、役者さん、文楽、人々、街への想いと、付き合いが多いのです。

僕が初めてお会いしたのは、大塚まさじさんのアルバム『風が吹いていた』のジャケット色合わせの時でした。僕がワーナーに居た頃、東京から、ジャケット色見本を見てもらうために大阪阪急ソニー・プラザ2Fの喫茶店のカウンターで。端から、阿部さん、糸川さん、僕、あと何人か居られたように思います。待ち合わせも一時間余り。この色でイイと思います。…その日、そのまま東京へ帰ったような気がします。それから、藤井寺のBAGUS第一回目のライブ。大塚まさじさんといらして、ビックリ。それよりビックリが、chi-BちゃんとやっていたThe B-Funk All StarsというバンドでLIVEをしていた時、砂川正和(ジャンベー、ボーカル。ソーバッドレビュー)といっしょに糸川さんが現れた。「いやー、久しぶり。」そして、何とchi-Bちゃんのオジさんにあたる人と知って、これまたビックリ。大阪の、僕の実家のあった西区江戸堀のスタジオにお会いしに行くと、とても勉強になり、いろんな刺激やアイデアが浮かびます。

僕は、糸川さんの変わった風景と人とのコラボ写真が好きです。デジタルで色をさわって、パンクになる。Rockになる。Funkになる。ジャズになる。御本人も、JAZZが好きで、糸川さんの写真のスピード感は、リズムです。よく、僕に聞かれます。「どうしてメロディーからリズムに変わったんですか?」実は、まだお答はしておりませんが、ここでバラシます。メロディーはリズムなんです。たとえば、トランペットでロング・トーンを吹いていても、16ビートを頭の中でキープしているんです。どんなフレーズでも、音の出る前に16ビートを。息とタンギングの、音にならないゴースト・ノートが鳴ってるんです。マイケル・ジャクソンの"アッ"という、あんなやつです。ビートの吹けない、感じていないプレイヤーはアカン。でないと、いいフレーズには、ならんのです。バンドになるともっとわかる。ベースとドラム、キーボード、リズム楽器のアカンバンドは、ホンマ、アカン。面白くない。スリリングでない。スピード感がない。もっと言うと、音楽をなめとる。生活、性格がだらしない。

と、いうことで、6月30日、糸川燿史さんに出演して頂けるよう頼んであります。
「映像に音楽をつけるんやったら注文があります。リズムだけでいいんです。ベースだけでもいいなあ。他のスライド・ショーで、音楽がメロディアスで、写真が音楽の色にひっぱられたり、見てる人の感覚が広がれへんのです。」

「わかりました。KG-Kさんもジャンベー叩くし、僕もパーカッションやるし、清水興さんもベース・ソロもする。ベンベンするし、お願いします。ぜひ、よろしく。」

「10分ぐらいですか?ちょっと考えてみます。」

「出演お願いします。僕は、やりたい人とやりたいんです。」

p.s.,
僕とchi-Bちゃんは、イトカワ・スタジオのトイレが好きだ。いろんな写真が貼ってある中に、糸川さんの子供さん?がサングラスをかけていて落書きがしてある。「嫌いなものウメボシ。好きなものウンコ。」…なんか、KG-Kさんの話とつながる感じ。もちろん、東の篠山紀信と西の糸川燿史のツーショットの写真もこの間見つけた。井筒監督も、糸川さんの前では足を崩さないらしい。嘉門達夫さんも、谷村新司さんとも仲よしらしく、朝から龍の穴を見に行くと、奈良へ行ってるらしい!

…♂…




posted by masta.G at 02:05| 大阪 ☔| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

6月30日、LIVE!!


KagoG1.jpg
写真:Hisashi Shiina


僕は、J・POPといわれる日本の音楽が嫌いだ。僕のrespectするD.J.、ラッパー、パーカッション他を自由に遊べるKG-Kさんという人が居られます。彼の言葉の中にいい言葉があります。『僕にとって、作品はウンコです。』、『作品に、イイも悪いもあらへん。聞いた人がイイとか悪いとか言うだけで、そんなもん関係あらへん。みんなウンコなんや。』…だから、彼の作る音楽は、ゲリのように、ためたウンコがドバーといっぱいできあがるのです。だから楽しいのです。作り上げる、ということはなく、2〜3日の間に、数十曲ものトラックを作り上げるのです。

話しは少し変わりますが、僕とchi-Bちゃんがハリウッドに住んで音楽を勉強していた時のこと、寿司が食べたくなった。ハリウッド・ブルバードにあった、なんとも流行ってない寿司屋に入る。まあ、カリフォルニア・ロールなんていってアボカドの入ってるもんもあったりして、まあまあ食える。しかし、メニューを見ておどろいた。”UNAGO”??『うなぎ?』『あなご?』What's Unago? 日本人ではないオーナーは、UNAGOを押し通し、写真を見せる。見ても『うなぎ』か『あなご』かわからない。僕はうなぎが食いたくて…。アメリカ、ここはアメリカ。その『うなご』を注文して口に運ぶ。うなぎかあなごか、ようわからん。『ヘビ?』そんな…?『うみへび??』そんな〜〜。

僕が日本でライブ・ハウスをやっていたとき、プロのR&Bボーカリストのライブをやっていると、アメリカ人が来た。『何うととんねん。英語?日本語?』エッ!『英語で歌ってるみたいやで。』『あんなん、何語かわからん。雰囲気でやっとんねんネ!』…そのアメリカ人チャージ払わんと、サッサと帰りよった。外国人が、日本語でメチャメチャに演歌うとてるようなもんやろう。そら、日本人やったら聞かないやろ。どうやって感情を入れるんやろ。やっぱり郷に従え。まずい『うなご』を食ったら、もう二度とそれは食わん!もう二度と、その外国人は、そのプロR&Bボーカリストの歌は聞かんやろ。

すごく狭い世界観。グローバルに、インターナショナルに、コミュニケーションするには、日本の音楽は、いや、日本人はアカン!若者よ、J・POPに、はまるなよ。紅白歌合戦?ヤメタラエエのに。あの時間はツライ。美空ひばりさんは、♯&♭(シャープス&フラッツ)と、英語のJAZZを上手にうととったよ。別に好きやないけどな!メディアにのってるのは、ほとんどよくない。売れたウンコはクサイ。音楽業界は、ウサンクサイ。KG-Kさんの言葉にこんなんもある。『音楽の遊び方は変わってきた。』

6月30日(日)、藤井寺市民会館(小ホール)で、KG-Kさん(DJ、パーカッション、ラップ他)+清水興(ナニワエキスプレスのベーシスト)と、chi-B&masta.G、糸川燿史さん(写真家、映像クリエイター)で、イベントやるの、見に来てや!最新のウンコやで!!

…♂…


posted by masta.G at 02:11| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

今年ももうすぐ終わります


sakura2.jpg


今年ももうすぐ終わり、といっても、一か月あるやんけ。w 今年で一番の出来事は、鹿児島ジャズ・ストリート。村上ポンタ秀一さんや、上田正樹さんの前を演らしてもらって、日本のトップ・ミュージシャンの仲間になれたことでした。キー坊は、『英語のRAPええやん、一緒にやろう』とまで云ってくらはりました。スタッフの平田誠さん、半田君、そして心づくしのサポートをしてくれた清水哲男さん、シーナさん、Ritueさん…、は一生つき合って行ける人になりました。ありがとう ありがとう ありがとう!!!

kago4.jpg

ボランティア・スタッフの半田君と僕、masta.G


kago1.jpg

半田君とchi-B


…♂…


posted by masta.G at 02:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

新曲をつくりました。どうぞ♪


y7.jpg


新しい曲です。まだ無題です。なにかいいタイトルが思い浮かんだらご一報ください。ほんとに。今回のバックトラックは、音楽サイトでchi-Bと交流のできたテキサスの黒人男性JimiSlyです。ENJOY!!



作詞・メロディー・ボーカル:chi-B
バックトラック:JimiSly
ファイナル・ミキシング:masta.G


…♂・♀…
posted by masta.G at 01:59| 大阪 ☔| Comment(0) | 曲の試聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

坂本龍一さん、Ba・Le・Roを聴く♪


kago9.jpg


Radio Sakamotoのオーディション優秀作品として、私たちの作品『Ba・Le・Ro』がJ-WAVEで放送されました。これで12回目となりました。ありがとうございます。ポッドキャスティングで今もネットで聴くことができます。。。と云っても、なかなか手間をとってまで聴いて頂くことが叶わないようですので、私たちのことを話して下さっている部分だけ、ここにアップしておきます。どちらも短いので、ぜひ一度、お聴き下さい。よろしく♪


pt.1 曲の紹介と聴いて下さってからの感想など。

http://soundcloud.com/chi-b/ba-le-ro-introduce-on-j-wave

pt.2 私たちのことから発展して、脱原発のことなども少し。

http://soundcloud.com/chi-b/ba-le-ro-on-radio-sakamoto


聴いて下さってありがとうございます!

引き続き、精進いたします。

…♂・♀…
posted by masta.G at 15:44| 大阪 ☀| Comment(0) | ミュージシャンを目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。