2007年04月20日

新派 音こころLIVE


ボーカルchi-Bです♪飛び入りします。

Desa.jpg




★☆★☆★


音楽することとは、

天と地、そして、この身の間を流れる、
精神と肉体のエナジーの交感。

その縦の流れが、しだいに横へと広がって、
周りの方々の心と共鳴し始める。

それがLIVE。
音楽はLIVEでこそ生かされる、と思っています。

「新派 音こころ」とmasta.Gが名付けたのは、きっと、しんどいこと、つらいことを知っている心と心の間を、音の波でそっとつないで、また気持ちも音も自然界にすっと沁み込んで消えていく…そんなイメージだったのでは、と私は思っているんです。

「こころある人にこそ聞いてもらいたい」masta.Gの口癖です。

大阪近辺の方、どうぞいらして下さい。


hagakiSmall.jpg



日 時:4月22日(日)19時オープン/19時半スタート
場 所:近鉄八尾駅近く MOKSHA(モクシャ)
    電話072-999-6993
    近鉄八尾駅前 UFJ銀行とパチンコ屋の間を西へ徒歩15秒。

出 演:chi-B&masta.G 他3バンド

料 金:前1,500円 当2,000円、ドリンク代別


(↓)当日精算券です。
プリントアウトしてお使い下さい。
当日でも前売り料金プラスドリンク代で入れます。

hagakiMoksha.jpg



どなた様も大歓迎。どうぞゆったり揺らぎにいらして下さい♪

chi-Bでした。


Thank you for your attention.... God Bless You & your Love.
posted by masta.G at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

大阪・江戸堀

生まれ育った、あの家、あの土地、あの街から、さようなら。

ずっと昔から見つめてくれてた公園の大きな木、be together。

これからもずっと見続けてほしい。

この街を。あの人々を。はれた日も、雨の日も、風の日も。

ずっと、ずっと。

形あるものは消える、わかっているけど、

ぽっかり穴があきそうで、こわくて淋しい。

子供のままでいたかった。


チューリップの花が、パカッと咲くように。

大雨の中、雨宿りに休むノラ犬たち。

やさしい目で見つめられると、もうたまらない。

思わず、明日も雨でエエわ。

そんな土地からも、もうさいなら。

やっとできた都会のふるさと。


セミの鳴き声。暑い空。

プールサイド、小学生飛び込む水の音。楽しそうにはしゃぐ声。

盆踊りの前の、野外映画会。

サイダーの泡の中、夏祭り。

布団太鼓ドンドンドン、きっとやってくる新しいしあわせの時。


おばあちゃんたちが応援しに来る運動会。

「まさじ、がんばりや。」

はずかしくスタートライン。

初恋、コスモスの花、バスにゆられて林間学校。

リュックサックにおやつをつめて、「いってきます。」


目が覚めたら、真っ白な街。

雪だるまに雪合戦。


子供たちの秘密基地。大人たちの知らないひみつの裏道。

かぶりついた、商店街のコロッケ。

ギラギラ暑い空に響くブラスバンドの練習の音。

さいなら。また遊びに来るネ。


黙って見つめてくれた大きな木。

花咲かせ、葉がしげり、葉がちり、芽が吹く。

何年も何年も、変わることなく。

あの街が、あたたかく、また、迎えてくれることを夢見て、

さいなら。


僕は、大阪、あの街が好きやねん。

さいなら、大阪肥後橋かかるあの街に。

さいなら、大阪江戸堀、生まれ育ったあの街に、

おおきに、ありがとう。わすれんといてや。

昔の、あの頃のこと。

おおきに、ありがとう。



Gsan2.jpg

posted by masta.G at 23:55| 大阪 | Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ありがとう

今日、

石川の土手、桜トンネルをくぐりぬけ、

おばさんのお墓にchi-Bちゃんといっしょに

手を合わせてきました。

そして、僕のおばさんの仏壇に

お線香にろうそくの灯火。

手をあわせて、ありがとう。

中庭の緑。それをかこむ廊下のむこうのはなれ。

光と風は、時をかけぬける。

音楽は、僕にとってしあわせの道。

ありがとう。

みなさん、ありがとう。



Tasogare2.jpg



chi-B&masta.Gの「黄昏tasogare偲び草」のレビューを

『闘魂ジャズクルセイダーズ大全』の立花さんが

書いてアップして下さいました。

どうぞご一読ヨロシクお願いします。m(_ _)m

http://www5a.biglobe.ne.jp/~zyoukiti/index.html

画面向かって左上あたりの「黄昏tasogare偲び草」をクリック。





posted by masta.G at 23:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

オープンチャック試聴できます

■■■オープンチャック■■■

昭和49年録音の貴重な音源です。

トランペット:浅川 薫

トランペット:辻川雅治
(現chi-B&masta.Gのドラマー&プロデューサー。
 この演奏の当時は大学一回生。)

アルトサックス:正井 豊

アルトサックス:岩見和夫

ギター:増田郁夫

ベース:池内修二

オルガン:近 秀樹

ドラムス:岡本圭司

openc2x.m4a

openc3x.m4a

openc7x.m4a

録音:昭和49年7月27日 於:心斎橋ヤマハ4階


右クリックでファイルに保存してから再生する方が
途中で止まるなどのトラブルなく聴けるみたいです。




オープンチャックについての詳細を書いたchi-Bの記事はコチラです。
「若くても一音入魂」
http://chib.seesaa.net/article/37595762.html


posted by masta.G at 01:36| 大阪 🌁| Comment(0) | マル秘話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

音こころ・ウラ話

drummerG.jpg



東京のレコード会社、音楽業界のみなさま、頑張ってますか?

自分の感性に自信がありますか?

音楽は若者のものだと、古い頭になっていませんか?

流行に流されていませんか?

何がいい音楽で、何が悪い音楽かわかっていますか?

いい音楽がなくなりましたネ。

悪い音楽がふえたということです。


数知れず、たくさんの音楽が、ミュージシャンが、

世に出ているけど、ほとんどがダメです。

本場アメリカのミュージシャンとくらべると

あまりにも幼稚すぎます。

日本の音楽はマネばっかりです。

ラジオ、テレビで流れてきても、ガチャガチャうるさいだけで、

私のように52才ぐらいのオッサンになると消してしまいます。


このガチャガチャうるさい音楽は、そのうちなくなるでしょう。

子供たちの音楽があんなに多く売れている

日本そのものがおかしいのです。

ギターで云うなら、7本目の心の弦が鳴ってない。

心の弦が張られてない。

だから聴く人の心の弦に共鳴しない。


『心から心へ』

chi-B&masta.Gは、「新派 音こころ」をテーマに

4月22日にライブをやります。

大きな目的は、世界に通じる音楽です。

私たちは、アメリカ セントルイス、ニューヨーク ブロンクス、

そしてオーストラリアへと手をのばしています。


人はなぜ歌うのか、考えてみてください。

アナログレコードの時代には、まだいい音楽があった。

日本の音楽、社会、政治、ひっくり返したい。

若い人たちは、アメリカ、イギリスの音楽はカッコイイと

思ってるかもしれないけど、

スタイルをまねるだけではダメです。

特に東京にいるレコーディング・ディレクターさん、

プロデューサーさん、

あんまりよくわかってないのではないですか?


本当はバンドマンになりたいんちゃう?

あきらめたんですか。

自分らでバンド作って、ホール借りて、イベントやろうや。

東京の業界のみなさん、いっしょにやろうや。

僕らも出るで。


オッサン、オバハンは、本当のいい音楽を知っているのですよ。

長いこと生きていると、わかることがたくさんあるので、

若ゾウには絶対まけへん。



hagakiSmall.jpg

クリックで拡大できます





posted by masta.G at 01:28| 大阪 ☁| Comment(3) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。