2008年06月11日

これが船場の音楽家の姿


sunhall.jpg


この間から、若い人たち(10代〜40代)のバンドと同じステージでplayさせてもらって思ったことなのですが、上手なヤツは、いつの時代にもおるおる。けど、やってる曲とか内容が、もひとつイカン。みんないっしょでおもろない。これも時代やねんな。見てるとこが、ちっちゃい、ちっちゃいねんな。グルーヴ感もな!きっと日本の人たちは、日本の人たちのヒットしてる人たちを手本に見てる感があるな。パワフル感というか、バクハツいうか、もうどうなってもええんや、云うブッチギレタ音ないねんな!外国人は出しよるよ!!

バイトやって、バンドやって、ヒットして、金もうけ。その前に、外国で住んでみること。ほんで練習すんのんや!音出すんや。僕らのバックトラック作ってるギタリストKazhは25年くらいアメリカLAに住んどったし、chi-Bも8年くらい、こんな僕でも4〜5年は住んどった。初めて見えるいっぱいのホームレス。初めて見える日本人。アジア人。アフリカンアメリカン。チカーノ、メキシコ人。世界中、いっぱいの人々がいる。その中で生きる音。身をもって知ること。すべてまわりから教えていただいて、つなぐもんですかな、音楽というもんわ。○ Respect、初めて見えてくるもんです。離れてみて初めて。そのために別れがある。分かるには時間がかかる。

父の日って何の日?今日も父とドラムで交信。

music notes


ところで、行くとこ行くとこ、藤井寺のBAGUS知ってます、行きました、とか、お聞きします。いいお話ばっかしです。やめてから聞こえてくる声。25年あまりやって来たけど、そのとき聞こえてきたのは、地元の悪い声ばっかりやった。もちろん、ミュージシャン、バンドマンにも居たりしました。誤解は、音・身をもって決着をつける。これが船場の音楽家の姿なんや。盆踊りでも、市民まつりでも何でも出るで!!世の中の、力の弱い人々を応援するG。


chi-B&masta.Gの音楽はコチラで聞けます。
http://myspace.com/chibmastag

次回のLIVEは、6月28日午後六時〜アメリカ村サンホール
一番上の画像をクリックで拡大できます。


…♂…



posted by masta.G at 00:04| 大阪 ☁| Comment(3) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。