2010年05月09日

テッちゃん


Dec24_1963xxx.jpg


chi-Bは、チビは、子供のころから、たいへん父親に可愛がられていたようだ。そのお父さんも去年お亡くなりになり、チビchanもその感覚はグルーヴを(音楽を)通して体感されたと事だと思います。

chi-Bとの出会いは、35年ほど前にやっていた、今は無い、僕のライヴハウスBAGUSでのことです。その頃からだいぶん変わった人でしたヨ!西成生まれ、通天閣・ジャンジャン横丁・づぼらや・飛田・聖天さんが、彼女と父との遊び場。まるでじゃりン子チエちゃんとテツというとこかな?!

その後、彼女は、ハワイ、シカゴ・イリノイ、ロサンゼルスと留学を続け、ロサンゼルスでは東洋医学を学び、ホームレスのドラッグ中毒患者の治療の仕事をするという変わったチビ、chi-B。そこ(LA)での、黒人アフリカン・アメリカンの僕らの友達ダフィーナとの出会いを通して、アフリカン・アメリカンの文化・音楽の仲間になっていく。

この頃、僕masta.Gは、ギタリスト/トラックメーカーのkazhとともに音楽を制作。僕はハリウッドのP.I.T.でドラムを学び始める。世界中から来た夢を追いかけているミュージシャンとplayできたことは、大変プラスでした。kazhのバックトラックに、chi-Bがベースで参加。そしてvocalを入れる。chi-Bは、音楽の道へと参加するのであった。



Once Upon A Time In LA




















ボーカル/作詞/作曲/ベース/additionalキーボード:chi-B
バックトラック:kazh ミキシング:masta.G ('90年代の録音)





…♂…
posted by masta.G at 00:54| 大阪 | Comment(0) | マル秘話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

CD『フライング・バード』近日発売


(ボーカルchi-Bのブログより転載しています。)

去年の6月6日に京都のブログ友達だったtorigenさんが亡くなってから、もう早、一年が経とうとしている。去年の今日(2009年5月7日)には、病室に居てさえもデザインの仕事を始めようと思って、いろんなグッズを研究・試作している記録が今も残っている。どんなときにも「わはは」と笑っていたtorigenさんのブログ記事やコメントが、そこを訪れる皆は好きだった。まだ病気が発見される前に電話でお話しした時は、「俺な、人生の中で”もうアカン!”と思った時にはいつも”わはは!”て思いっきり笑い飛ばしたんねん。いっつもそうやってヤバイ場面を乗り切って来てん。」と言ってた通りに、どんどん重くなる病状にあっても、病室に持ち込んだパソコンで、自分の強気が通せるギリギリのエッジに到達するまで”わはは”を発信し続けてたのがtorigenさんらしくて立派だったと思う。

最後に電話で話したのが5月の末、容態が悪くなったとの知らせを受けてmasta.Gさんと二人してtorigenさんをお見舞いに行ったのが6月1日、その5日後にtorigenさんは私達のいまだ知らないところへ羽ばたいて行ってしまった。訃報を聞いたmasta.Gの心に浮かんだ詩はすぐに紙に書き留められて、それをもらった私はすぐに録音機材の前に立った。大好きで次の作品に使おうと思っていたkazhのバックトラックに乗せて詩を朗読。その後は、マイクの前で目をつぶって、torigenさんの姿や気持ちを感じながら、心にあふれ出てくるがままに任せて英語で語りかけた。その作品は、坂本龍一さんのRadio Sakamotoのオーディションで優秀作品のひとつに選ばれることにもなった。そして、今回シングルCDになった。これが『Flying Bird』。



FrontMain_x.jpg



音楽が大好きで、カッコいい生き様を追求していた(これは私の勝手なイメージだけど)torigenさんに似合うよう、うんとカッコいいジャケットにしようと思って作った。数年前のある日突然、chi-B&masta.Gの音楽を発見して、心底から応援しに現れたこの人が、ここにこうして私達の作品のジャケット写真になってこちらを見つめていることが、すごく悲しくもあり、その心中を思い測れば複雑でもあり、書き切れないいろんな思いが胸にあるけれど、ただただ、今は感謝の心で見つめ返すばかりの私です。


Flying Bird 2009.6.6 辻川“masta.G”雅治

フライングバード。自由にはばたく愛の世界。
さわやかな風に乗って虹をわたり 世界にはばたくフライングバード。
笑ってゆるしてくれる この子は天使(Angel)。
心と心つなぐフライングバード。
大きく大きく映し出す。小さく小さく思いやる。
つないで ひびく 音楽の世界。



サンプルの無料試聴はこちらでどうぞ。Music Forte

chi-B&masta.GのMyspace

…♀…
posted by masta.G at 14:49| 大阪 ☔| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

脳の話


What's On Your Mind? Pictures, Images and Photos


かくし絵(だまし絵)というのは、皆さん聞いたことがあると思います。ひとつの絵の中に、もう一つの絵がある。これは、それぞれの絵に反応する脳の部分が違うからだと言われています。このことは、耳・音についても言えることです。こっから先は音楽の話。

いくらテクニックがあっても、反応する脳の部分が違っていたら、それはグルーヴしてるとは言えない。演奏する人だけでなく、聞く人の場合も同じことです。脳の働きは、歴史と体験が大きく性質を決める。日本のラジオを聞いていて思う。アメリカのラジオは一日中聞いていられる。局のポリシーが、文化が、そうさせている。日本のラジオは聞いていられない。僕が必要とする脳のどこか一部を刺激しない。それよりも”イヤ信号”を出させる。

黒人グルーヴ??一生やっても、違うもん見たり違う音聞いてたらでけへん。でけへんもんは、コミュニケーションでけへん。英語が喋られへん僕は、音楽をする。音のコミュニケーションをすると、他のことも見えてくる。そこにハマった変なオッサンの僕は、LAのアフリカン・アメリカンのコミュニティー・文化の中に入れてもらった。

そんなことも含めて、CD皆さま買うて、見て、聞いてや!




…♂…
posted by masta.G at 01:10| 大阪 ☁| Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

推薦の御協力をお願いします!


aloha1.jpg


ゴールデン・ウィークいかがお過ごしですか。今日はお願いがあって書いております。NHKの番組『J-MELO』(ジェイ・メロ)で、”世界にすすめたいアーティスト〜一億2千万のリコメンド〜”と銘打って、皆さんのお勧めアーティストを大募集しています。ぜひ、chi-B&masta.Gをお勧めアーティストにご推薦下さい。この番組は、御存知の方も多いと思いますが、NHKで深夜にやっている音楽番組であります。海外の・外国人リスナーに日本の音楽を届ける主旨から、英語でやってる番組です。詳しくは番組サイトを見て頂ければ詳しく書いてありますので、どうぞご参照ください。

★お勧めアーティストの情報送信のページはこちらです。

『みなさまの声をもっと世界へ!NHKワールドTV』


★番組全体のことがわかるホームはこちらです。



あつい御協力どうぞよろしくお願いします。インターネットの力をフルに生かして頂いて、お知り合いの皆さんにもお伝えの上、日夜ビシバシに闘うインディーズ・アーティストchi-B&masta.Gのバックアップをバチバチにどうぞよろしくです。THANK U!




…♀♂…
posted by masta.G at 14:31| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。