2011年02月17日

米国ソウル・シンガーと知り合った幸せ


Flm3.jpg


chi-Bのブログより…

音楽をやっているからこそ出会えたと思える出会いが時々やってきます。この方もそういう出会いをしたお一人。Chris James。

180799_1822032795265_1373567171_2031279_5568806_n.jpg


70年代〜80年代にアメリカでヒット曲を作ったNatural Four(ナチュラル・フォー)という黒人コーラスグループのボーカルをしていた人で、今も歌をやり続けている人です。私は、新しいHIPHOPやR&Bも大好きだけど、ブラック・ミュージックにググっと惹かれた最初のきっかけは、Sweetなソウルミュージックと出会ったからでした。やさしいメロディーと洒落たダンスが、日本の音楽には感じたことのない全く別次元の魅力へと私の夢みる心を誘ってくれました。(もちろん日本の音楽にも良いところがいっぱいあって、それはそれで大好きなものがあるんだけどね。)

前にも何度か御紹介した黒人の作家Brooklen Borneが、この人の本(自伝かな?)を書くことになったというので彼のお家に取材に行ったらしくて、私にもFACEBOOKを通じて紹介をしてくれて彼とつながることができました。何十年と歌い続けて、今は素敵な初老の紳士になっている彼は、とても丁寧で優しい人柄の人です。いつか日本に歌いに行きたいと思いながら、そのチャンスがなかったということです。今も歌いに来たいと言ってはりました。私の事はChiと呼んで、初めてのやり取り以来、いつも打てば響くスピードでお返事を下さるのが嬉しいです。そういうスムースなノリがソウル・ブラザーやなぁと思うのです。君の歌が聴きたいから送って来てと言ってくれたから、何曲か聴いてもらおうと思います。

思いっきりソウルのファンでない限り、Natural Fourを知る人は日本には居ないと思うけど、youtube動画があったからぜひ見て下さいな。シルキーな声の持ち主です。一番左の背の高いメイン・ボーカリストがそうです。(ビデオの最初に出てくる人は司会の人ね。Mr. Curtis Mayfield, it is!!!)



ソウル・トレインに出演した時の動画もあったので、これもどうぞ。私好みのイイ曲ばっかりや!なんか知らんけど懐かしい感じがして涙が出そうになります。見たこと無いのに懐かしいはおかしいかもしれないけども、こういう音楽が私を惹きつけてくれて、そして自分も音楽をやるようになって、今こうして素晴らしいミュージシャンの人と直接やりとりができるようになって自作の歌も聴いてもらえる…なんて人生って不思議な旅なのかと思います。ありがたさにココロがいっぱいになります。



彼らがデビューした60年代後半から70年代といえば、アメリカ内部での黒人差別もそうとう激しかっただろうし、人知れぬ苦労も多かったはず。それを乗り越えてなお、こんなに優しく真摯な紳士でいられる人間の強さに、何とも言えない尊敬も感じます。荒まずに真っすぐ生きてこられたのは音楽があったからというのも一つの理由だと、私は思います。そんな彼に恥ずかしくないよう、もっともっとちゃんとやって行きたいな、と、そんな思いを込めて…。良い出会いをもたらしてくれた音楽に感謝して…。


…♀…


posted by masta.G at 02:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

アメリカ各地から届いた声の数々


Flm6.jpg chi-B&masta.G Gg2.jpg


chi-B&masta.Gのニュー・アルバム『Dreaming』を聴いてのフィード・バックが少しずつ寄せられてきました。以下、chi-Bのブログ記事も交えてご紹介いたしましょう。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

"chi-B, I got your cd and it's off the chain. I've been playing it every day since I received it. You and masta.G are so talented. Your voice is smooth like Sade. I love it! I'm glad to have you in my life chi-B. " 
(作家Brooklen Borne氏)

(off the chainって嬉しい表現です。シャーデーの歌声に似てるって言ってくれる外国のリスナーがたまにいますが、そうかなあ?スモーキー・ヴォイスだからかな。rapのほうはTLCのリサ・ロペスに似てると2,3回…ま、バチあたりにならないよう磨きますです。リサ・レフトアイ・ロペスはきっと天国で見てはるからネ。信じる者は救われるねんから。w)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

"chi, I received the CD since evening and I played all the tracks. I love it. Thank you so much. The sky is the limit for you and masta. G. I wish you the guys the best in all your endeavors. I keep playing tracks 2, 3 and 5 over and over. I love your voice on track 5, so sensual. I love all 12 tracks. But track 2 and 5, just takes me to the place where I never want to leave. Kudos to you and Masta. G. Much love and hugs to you guys. One love!!! "
(この人も作家のAnthony Pathfinder氏)

(トラック2はDreamin' On The Beach、トラック5はLove Will Wait、普段はシャープな黒人LIFEの小説を書くウィットにとんだ彼ですが、ほんとはきっとロマンティックなのがお好きなんでしょう。「帰りたくないような場所に連れて行ってくれる」…これは素敵にウレシイ感想です。ミュージシャン冥利につきます。)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

忘れちゃならない我らが日本の”愛ある音楽リスナー”代表選手のおひとりasianimprovさんもブログでこのアルバムからインスパイアされた(なんて言っていいのか迷いつつ)新手のポエムのような記事「chi-B&masta.GのModestなヒップ・ホップは最高やで!」(このタイトルからLINKしています)を掲載して下さっています。これはまた楽しい嬉しい応援で、asianimproveさんありがとうございました。

(”Osakaの誇りchi-B&masta.G  あなたとわたしの、chi-B&masta.G” のくだりが私のハートを泣かせてくれます。いつも、怖いとか怒ってるでしょう?とか言われるchi-Bさんの、実はmodestな部分に気づいて下さった稀有なasianimprovさんのアンテナが鋭くて素晴らしい<3)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

ずうっと前にご紹介したことのある、アメリカ音楽界でもポピュラー&フェイマスなラッパー”50セント”の、叔父さんDavidさん。FUNK好きからのつながりから始まって、もうずいぶんと長い間応援して下さってるありがたい男性です。

HELLO CHI-B!!!!!!!!!!! I LOVE YOUR CD!!! The music is on point, tell Masta G, great job. Your voice is amazing. I am playing your music in my car. This spring I will be playing it for everyone to hear. We need you to ship your CD to a few radio stations. I knew your are a STAR! Congrats and THANK YOU!!! This CD was and is a great birthday present for me. My birthday was Monday, so I am really happy to receive your music. Your an amazing artist and I appreciate to gift. THANK YOU AND GOD BLESS

David

Give Masta G a HIGH FIVE from me. (:


「君はスターだと僕はずっと知ってたんだ!」といつでもコレを言ってくれるねんけど、ここにも書いてくれていますねぇ。う〜ん。やさしい人やなー。うれしいメッセージにふっと笑顔が出て、それから改めて身が引き締まります。masta.Gの音作り、そしてkazhやKG-Kのトラック作り…すべてが合いまって、私たちの好きな音楽の発祥の地の人の耳へと届くということは、とても感動的でもあります。Davidさんも、この春には友達に聞かせまくってくれることでしょう!全国各地どこかで聴いてくれる人からの声はほんとに嬉しい、そして刺激になります。また日本の皆さんもどうぞよろしく〜♪

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

カリフォルニアのbrother、グレゴリーさんから写真とchi-B&masta.Gのニュー・アルバム『Dreaming』を聴いてのフィード・バックを頂きました。私の心のふるさとであるアメリカのあの綺麗な街からの嬉しい便りです。

gregory.jpg

"I'm in love"

Your CD is the BIG BAD BOMB and I love it ! I'm loving it all but I'm stuck on " California Wind " gonna put it on my MP3 player right now !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! Thanks again 2 U and Masta G

P.S.
Give Masta G a big hug from his new brother Gregory we are now more than friends you and he are my Sister & Brother !


BIG BAD BOMB… いいねー。エエ感じです!こんなん言ってもらえたらホントにうれしいゎ。そして『カリフォルニア・ウィンド』がお好きだとのこと。これもまた嬉しいです。この曲は2002年(だっけか)に何度目か訪れたカリフォルニアでの最高に楽しかった3か月の思い出が中心になってできた歌だから、今回のアルバムにのって海を渡って里帰りを果たしたみたいな感じがしています。”この身は行けない場所にも、音楽は飛んでいける”…これは私が好きなmasta.Gの言葉のひとつで、何十年も前に聞いたもの。まさしく今それが現実となって降り注いだ感覚です。これからもがんばって、この身も飛んで行きたいもんです♪

日本の皆さんからのフィード・バックも楽しみにしています。まだアルバムを手に入れていない方はぜひ心斎橋The MELODY.にて通販して下さい。よろしく〜。PEACE!

…♂♀…
posted by masta.G at 01:31| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。