2010年08月15日

演歌の手拍子しかできない日本人は大嫌いだ


日本の音楽は、子供向けがほとんど!世界の音楽とくらべると、その程度は低いもので話にならん!!プレイヤー(特にドラムス)は、アメリカではメチャウマな人がアホほどおり、そのテクニックも、昔からくらべても進化し続けています。基本のグルーヴ感をバッチリおさえて、より自由にまるでオリンピックのスポーツ選手のように、どこまで行くんかという感じ。一時期、リズムは打ち込みだけになって、ドラマーの仕事がなくなったと言われていたが、今ではバックトラック(打ち込み)に合わせてアバレマクッテイマス!!そらすごい!!メチャメチャ練習して、楽しんでます。

そんな中で私たちchi-B&masta.Gは、今年の正月にレコーディングしたアメリカのTomさんとのコラボレーションの『Love Will Wait』をiTunesその他のサイトを通してアメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス等々、どんどんと世界中で発売し続けております。クリーヴランド・オハイオからは、マイケル・ジャクソンのトリビュート・コンサートなど、ビックリするような話しが湧いてきております。日本では、バカデカイホールでやる予定!!chi-B&masta.Gの音楽は、日本人の人たちにはまだあまり受け容れられてないようですが、英語の歌詞もわからんし、手拍子もできない日本のお客様にはムリなんかもしれません。

昨日、毎日放送の番組”ちちんぷいぷい”で、マルタさんが出ていて、洋楽のBGMに合わせて手拍子をしていたのですが、彼以外の出演者が始めた手拍子がまるで演歌のノリそのもの。その中でマルタさん一人だけが正しい手拍子をやり出したのを見て、他の出演者たちもそれを真似ようとしたのですが、まったく出来ない。彼以外の人の手拍子はすぐにバラバラのムチャクチャになっていました。最後にはあきらめたのか、マルタさんは手拍子するのを止めてしまっていました。日本人は演歌の手拍子しかでけんねんな。なさけない。こんな程度の低い日本人にしたのは、誰か!?


chi-B&masta.G次回のLIVEは、9月3日(金)アメリカ村サンホールにて。

BagusNight3_FinalSmall.jpg

…♂…
posted by masta.G at 01:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。