2011年05月20日

ハービー・ハンコック


37〜38年前、当時私が19歳だったころ、ヘッドハンターズを聴いてハービー・ハンコックのファンになった。来日した時にはライブを追いかけた。彼らの創る音、空間は素晴らしい。どのステージを見ても、変わりなくスリリングに、まるでジェットコースターでも乗っているように、音、空間、世界を旅させてくれる。

スクラッチの入った『Rockit』の時代の音もいい。そして何よりも、彼の生ピアノ、音のつかみ方、アレンジ力、和音、リズムのセンスの良さ等々、切りがない。

フェスティバル・ホールの楽屋の前の廊下で、8・8 Rock Dayの黄色いTシャツに、ハービー・ハンコックさんのサインを頂いた37〜38年前の辻川"masta.G"雅治。

…♂…
posted by masta.G at 03:34| 大阪 | Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。