2012年05月24日

ジャケットと音楽 pt.1


CDやレコードの音楽は、ジャケットと大きなつながりがあります。私たちの代表作、『OSAKA』のシングル盤ジャケットを紹介しましょう。

(どうぞOSAKAを聴きながらお読み下さい。)

SingleCDfrontxx.jpg

BuildingG.jpg


この写真は、ちょうど、大阪にあった実家を失う前日に撮ったものです。曲のできる前の日に、涙して撮ったこの写真は、心のレンズを通してできたものです。音楽と写真は一体です。

次に、『Smile 4 Me、笑ってごらん』のジャケットを紹介しましょう。

smileFront1small.jpg


smileBack3.jpg


Smile 4 Me、笑ってごらん こちらも聴きながらどうぞ…)

この写真は、故 岡部伊都子さんと、故 私の父 辻川元春の、幼稚園のころの写真です。そのバックにある花は、都わすれの花。さきほど紹介した『OSAKA』のジャケット写真を撮影したその日、近所でたまたま見つけたものを撮影しました。なぜこの花なのか?という疑問の答えは、岡部さんの『遺言のつもりで』という本の19ページと397ページ(さいなら)を読んで頂くとお分かり頂けます。

曲や写真や映像は、作者のその時に、舞い降りてくるプレゼント。たまたま自分を通して、音楽や映像につながります。一本につながるのです。ちいさな頃、毎日、絵日記を書いていたように。みんな、何一つ子供のころと変わっていない。澄みきった心のレンズをもっているはず。みんな可愛いよ。いい子ですよ。今日はこの辺で、バイバイ。またネ!

…♂…
posted by masta.G at 02:56| 大阪 | Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。