2012年06月12日

世界中の音楽ファンは、そんなもん、好きと違う!それと英語は絶対にできなアカン!


GDg3.jpg


日本のPopsが、なぜ米国および西洋音楽に入ってコラボレーションできないのかを考えていきたいです。

まず、現実に、アジアからアプローチしようとしているのはKorea&日本です。Koreaは、金をかけて、米国のプロデューサーに作曲をしてもらい、時間をかけてきびしく練習させる。けど、どうしてもできないのが英語。MCにしても、英語におけるコミュニケーションができないことがネックになっております。日本のアニメーションは、世界中に広がっているが、それは英語への吹き替えのものです。米国に住んでいた体験から思うのですが、実は韓国ミュージックはアフリカン・アメリカン(黒人)達にきらわれている。真似ばかりしやがって、というのと、LA暴動などの引き金になったのがKorea人だったからかも知れません。彼らから見ると、日本人も韓国人もベトナム人も、黄色の肌の人々はみんな一つに見えているのです。

私たちchi-B&masta.Gについて書いてみます。chi-Bは約10年間米国にいたので、英語がネイティブのようだと思われることがあります。自分で詞が書けます。コミュニケーションができます。イギリス、米国、オランダ、カナダ等、外国の人々とのコラボレーション曲作りや、彼らの曲を歌うことができます。まずお聴き下さい。曲タイトルをクリックすると試聴サイトに飛びます。

B Knows Dub
(イギリス人アーティストDarkCloudがchi-Bの作品をリメイク)

Stray Cat(We Gotta Beat)
(オランダ人リスナーとのコミュニケーションから生まれた曲)

Love Will Wait
(アメリカ人のアーティストTomの楽曲オファーを受け彼の作品を録音)
米国発iTunesでも発売されております。

Kiniro No Tsuki REMIX
(アメリカ人MC Verbal Weponとのコラボレーション)


「上を向いて歩こう」も、英語の歌詞になって、タイトルも「Sukiyaki」とされて、米国でヒットがなされたものです。○○○4○が世界に飛び火しているように報道されていますが、あれは日本人プロデューサーの金儲けの知恵によるもので、一部のアニメオタクの人種がくっついているだけです。M田S子も、久○田も、少年○○○も、ナントカ云う女二人組も同じであります。

まずは、ボーカリストは英語をメチャ勉強しないとあきません。インストミュージシャンは、JAZZミュージシャン同様、メチャ練習せなアカンのです。もちろん、HIPHOP、FUNK、SOUL、などをやろうとしている人々も、そのルーツとなる音楽グルーヴを、メチャ勉強・練習せな、話しにならんのです。ほな、サイナラ。

…♂…


posted by masta.G at 01:24| 大阪 ☁| Comment(0) | ミュージシャンを目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。