2012年07月12日

masta.Gのレコーディング・ディレクター物語(5)YAMAHAポプコン )


Gsan4.jpg


(5)YAMAHAポプコン

「辻川君、松山へ行ってくれ。」と上司から頼まれた。松山千春?イヤ、四国の松山だったのです。「飛行機のチケット、とってあるから、行ってくれるよネ?」「ハイ!」出張手当も出るし、OK!OK!!

YAMAHAポプコン(ポピュラーソングコンテスト)出身の、児雷也というアーティストの仕事でした。音源を聴かせてもらう。タイトルは『他愛もない僕の唄だけど』。黄昏のオレンジ色が見えてきた。ジャケットのアイデアが出た。写真家、佐藤ヒデキさんとミーティングする。僕のアパートは杉並区西永福町、彼は永福町。大宮神社をぬけると彼のアパート。彼は、僕にとって恩人です。僕の部屋の壁には、今も彼の作品がかけられております。

タイトル文字は手書き、イントロは、ムーグ・シンセサイザーの音でイントロ・メロをのせよう。決まった!四国、松山空港、海の波と滑走路が見えてきた。

(つづく)

これより下、chi-Bからの付け足しです。

この記事の原稿をGさんから渡されて、未だ聞いたことのなかった、この児雷也の歌『他愛もない僕の唄だけど』がネットの何処かで聴けないものかと色々探してたところ、この曲を作詞・作曲・演奏されていた児雷也の”上隅 信雄さん(愛称ノブさん)”が2008年12月に亡くなられていたということがわかり、真夜中でしたがmasta.Gさんに電話で伝えました。Gさんにとって、大変想い出のある、大切な方だったのでしょう、すごく泣いて話せなくなってはりました。私はこのドーナツ盤のレコードを何回もGさんの家で見ていました。御本人の歌は、レコード・プレイヤーが無いために聴けないままですが、素敵なジャケットは目に焼き付いています。ノブさん、そして児雷也のお話、次回も続きます。思い出話がたくさんあるようです。次回もどうぞ読みにいらして下さい。よろしくお願いします。ノブさん、4年後になってしまいましたが、二人して御冥福をお祈りしています。良い歌をありがとうございます。

…♀♂…
posted by masta.G at 02:26| 大阪 ☁| Comment(1) | ディレクター物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
児雷也、担当したんだ・・・。
懐かしいな。その頃、小生は「8・8」「ポプコン」両方やれとか言われたころかな????
Posted by デーブ at 2012年07月12日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。