2012年07月10日

masta.Gのレコーディング・ディレクター物語(4)音楽づくり、今・昔


studioG1.jpg


(4)音楽づくり、今・昔

いつの間にか僕は、ディレクターとしてスタジオ・ワークの便利屋になっていたように思います。上司から頼まれた仕事は、すべてやってのけた。名前がクレジットされたのは、ほとんど無かったけれど、4、5本の仕事を同時に行なった。睡眠時間は、一日3〜4時間。契約ディレクター、6万5千円の手取りでは、生活なんかできず、残業、休日出勤、スタジオからスタジオ。土地勘のない僕は、自分がどこにいるのか、もうわからなかった。

スタジオ・ワークで一番大切なのは、エンジニアとのコンビネーション。時間内で、いかにアーティストを頂点に持っていくか。

音楽の作り方は変わった。いいのか?悪いのか?当時の歌謡曲の作り方はこうだった…女性週刊誌、ファッション雑誌(この頃はAnAn、Non-No、ポパイ等)に載っている悩みの相談コーナーにも目を通す。女性の悩み相談の手紙には、おいしいフレーズがよくある。漠然と、そんな中からテーマを決める。そんなテーマやストーリーを、作詞家に依頼する。3〜4日で作詞が上がってくる。2〜3パターンの詞を作曲家に渡す。また、2〜3パターンの曲が上がる。手直しをして、まとめあげる。デモテープをつくる。しかし、いい曲、いいスタジオ・ワークをしても、売れることはない。売れる、売れないは、プロダクション、レコード会社が、力と金をかけるか。初版、イニシャルを多くあげることに尽きる。ばくちの世界です。どれだけ金をかけさせるかが、ディレクターの仕事の第一だったのです。金をかけて、枚数が増えると、会社の人間は、イヤでも動くわけで、世の中に出回ると、売れるわけなのです。日本の芸能界は、ばくち打ちが基本にあった。

その後、フォーク・ソングや、YAMAHAポプコン等によって、シンガー・ソングライターと呼ばれる制作費のあまりかからん、業界にとっては安上がりの時代が来るとともに、素人の音楽に光があたるようになる。いいのか?悪いのか?この流れは、今も続いていて、若者たちだけの音楽が主流になるのです。若者たちは、有名になりたいとか、売れたいとか。まやかし音楽が増えるのである。ディレクターとは、本来、作品づくりに力を注がないといけない。勉強して、ルーツを探るべく、世界中の音楽を聴きまくって、世界とつながらないとあかんのですが、日本の業界、音楽、人間は、これから先、ますますダメになるんやと思います。新しい道は、マイルスが示したように、ヒップホップ、ジャズ、アナログとデジタルの融合にあります。生き残るには、ミュージシャンが巧くなるしかないのです。ミュージシャンのスキルを上げることです。田舎者の業界東京人、レコード会社、ラジオ・テレビ局、みんなもう、潰れてると思っています。そして、1日も早く、若者たちは、その世界に見切りをつけて、アーティスト自身、オーディエンス自身が気づき、本当の音楽の心とビートが、身体から湧き上がるのを期待しております。

(つづく)

「辻川君、松山に行ってくれる!」松山千春??イヤ、四国の松山でした。

…♂…
posted by masta.G at 03:04| 大阪 ☁| Comment(0) | ディレクター物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

masta.Gのレコーディング・ディレクター物語(3)音楽業界人間


drummerG.jpg


(3)音楽業界人間

当時、レコーディング・ディレクターには、大きく分けて5種類の人種がいたようだ。

第一種。大手プロダクションから流れて来た、グループ・サウンズのメンバーだった人間。スーツにブーツ、けったいやで。ほんで外車。煙草にフィルターパイプをわざわざつけて吸いよる。タレントに手をつける。けど、ヒットメーカー・ディレクターとして大きな顔して遅刻出社。まあ、ディレクターと云うのンは、夜中にスタジオで仕事しよるから、しょうがない。要するに、ボケボケなわけで。ゴルフに行きよる。健康のため、と云って。いや、違う。日曜日に家におったら、お母ちゃんに怒られて、浮気がバレそうになるかもしれんからかもしれません。。。ひらがながつづく。。。

第二種。ジーパンにブーツ。皮ジャン。洋楽かぶれ。アメリカ好き。音楽のことは一番知ってるつもり。女好き。酒を飲むとブッ飛んでしまう。第一種と第二種の共通点の”ブーツ”。しかし、このブーツにも違いがあり、第二種のブーツはカントリー・ブーツ。それに、皮のショルダー・バッグ。皮が好きなんやろか。スキンスキ?

第三種は、第二と違い、スニーカー。

第四種は、営業や宣伝からやって来た人。服装は、まあコウム員くずれ。音楽のことは知らへんが、営業や宣伝の人間とツレなので、数字を上げるのと、地方とつながってるので、ヒットをつくるチャンスを持っている。

第五種。演歌、民謡のオジイちゃん。気の弱い、ニクマレン人種。

…と、云うわけで、私は入社一日目、スーツで、さっそく徹夜で、二日目からは、第二種と第三種の間にいることにする。それ以来、スーツは日の目を見ることがなくなった。実は、ブーツは第二種にもらった。履かんわけにはいかんやろ!w。

以上、レコード会社の邦楽制作部の人種別の特徴でした。

(つづく)

…♂…




posted by masta.G at 02:45| 大阪 ☔| Comment(0) | ディレクター物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

masta.Gのレコーディング・ディレクター物語(2)夜のヒットスタジオ


GDg1.jpg


(2)夜のヒットスタジオ

22歳で始めたレコーディング・ディレクターという仕事。入社一日目から会社に泊まり込み、徹夜明けのそのままスタジオ・ワーク。楽譜を手に、ドキドキしながら待っていると、ペドロ&カプリシャスのリーダーが来られました。『よろしくお願いします。辻川です。』楽譜を手渡して、レコーディングがスタート。

リーダーが渡された楽譜をポンと譜面台に置き、リラックスした空気の中でチューニングが始まる。僕の書いた楽譜のキーは合ってるんだろうか?トランペットはB♭、アルトサックスはE♭、テナーサックスはB♭、さてフルートは?C??…僕の書いた楽譜は、バックトラックと合ってるんやろか???ドキドキしている間に、TAKE1が始まり、一時間もかからないうちに二曲があがり、ホッとしていると、録音ブースの中から、

『ところで、この楽譜、誰が書いたの?』

間違ったかな!?…『僕が書いたのですが…。』

『すごいネ、君!歌い回しの細かい所まで書いてあって助かったよ。』

うわぁぁ〜、ほめられた!徹夜明け、頭はボーとしていたけど、本当にうれしかった。

その後、フルートをうすくバックトラックにのせて、エンジニアとバランスを取ってOKを頂いた。『お疲れさま。』あっと言う間のレコーディングだったけど、お陰でスタジオワークが好きになるのであった。この日のことから、エンジニアさんからも『辻川くんは仕事がやりやすいよ。』と噂され、上司からも、いろんなアーティストのスタジオワークに、サブディレクターとしてスタジオに入っていいと言われ、そらもう、いろんなスタジオワークに入り込み、仕事をしたのであった。

その夜には、”狩人”(かりゅうど)の担当ヒットメーカーディレクターに誘われ、生の音楽テレビ番組『夜のヒットスタジオ』に立ち会うことになる。夜8時からの生番組だった。『へぇ〜、レコーディング・ディレクターって、スタジオだけの仕事やないんやなあ〜…。』作曲家Tさんとディレクターは、もちろんスーツ、それにブーツ(?)、に外車(?)、ほんでフランス料理(?)。あ〜、芸能界やのう。徹夜明け、頭がぼーっとした夢のまんま、ひとりタクシーに乗って、西永福町のアパートへと帰る僕であった。

(つづく)

…♂…
posted by masta.G at 02:24| 大阪 ☁| Comment(0) | ディレクター物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

masta.Gのレコーディング・ディレクター物語(1)五番街のマリーへ


GDg2.jpg


(1)五番街のマリーへ

22歳の頃、東京の大手レコード会社のディレクターとして契約した。出社第一日目、着なれないスーツに身を包み、一番スミのデスクに座るやいなや、上司が云う。

『ペドロ&カプリシャスのLPを出すんだけど、2〜3曲、カラオケを作ってくれ。明日、うちのスタジオ空いてるから、エンジニアとミュージシャン押さえて。それと作曲者に連絡を取って。君、楽譜書けるのか?芸大で音楽を勉強してたんだよネ!』

ハイ。

『じゃ、楽譜も用意しておいて下さい。明日、スタジオ頼んだよ!』

…てな具合で、”五番街のマリーへ”、”ジョニーへの伝言”とりあえず2曲。すぐに電話。エンジニアを押さえ、作曲者に連絡。スタジオ・ミュージシャン事務所に連絡。内容を伝えてミーティング。歌メロをフルートで薄く入れることにする。それは、ペドロ&カプリシャスのリーダーに吹いてもらうことにする。

この出社初日の夜、僕は会社でひとり、ギターを借りて歌メロを事細かく楽譜にした。レコードをかけ、歌い回し、グルーヴ感を楽譜に書き写す。出来上がったときには、もう朝になっていた。

(つづく)

…♂…
posted by masta.G at 02:40| 大阪 ☁| Comment(0) | ディレクター物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

世界中の音楽ファンは、そんなもん、好きと違う!それと英語は絶対にできなアカン!


GDg3.jpg


日本のPopsが、なぜ米国および西洋音楽に入ってコラボレーションできないのかを考えていきたいです。

まず、現実に、アジアからアプローチしようとしているのはKorea&日本です。Koreaは、金をかけて、米国のプロデューサーに作曲をしてもらい、時間をかけてきびしく練習させる。けど、どうしてもできないのが英語。MCにしても、英語におけるコミュニケーションができないことがネックになっております。日本のアニメーションは、世界中に広がっているが、それは英語への吹き替えのものです。米国に住んでいた体験から思うのですが、実は韓国ミュージックはアフリカン・アメリカン(黒人)達にきらわれている。真似ばかりしやがって、というのと、LA暴動などの引き金になったのがKorea人だったからかも知れません。彼らから見ると、日本人も韓国人もベトナム人も、黄色の肌の人々はみんな一つに見えているのです。

私たちchi-B&masta.Gについて書いてみます。chi-Bは約10年間米国にいたので、英語がネイティブのようだと思われることがあります。自分で詞が書けます。コミュニケーションができます。イギリス、米国、オランダ、カナダ等、外国の人々とのコラボレーション曲作りや、彼らの曲を歌うことができます。まずお聴き下さい。曲タイトルをクリックすると試聴サイトに飛びます。

B Knows Dub
(イギリス人アーティストDarkCloudがchi-Bの作品をリメイク)

Stray Cat(We Gotta Beat)
(オランダ人リスナーとのコミュニケーションから生まれた曲)

Love Will Wait
(アメリカ人のアーティストTomの楽曲オファーを受け彼の作品を録音)
米国発iTunesでも発売されております。

Kiniro No Tsuki REMIX
(アメリカ人MC Verbal Weponとのコラボレーション)


「上を向いて歩こう」も、英語の歌詞になって、タイトルも「Sukiyaki」とされて、米国でヒットがなされたものです。○○○4○が世界に飛び火しているように報道されていますが、あれは日本人プロデューサーの金儲けの知恵によるもので、一部のアニメオタクの人種がくっついているだけです。M田S子も、久○田も、少年○○○も、ナントカ云う女二人組も同じであります。

まずは、ボーカリストは英語をメチャ勉強しないとあきません。インストミュージシャンは、JAZZミュージシャン同様、メチャ練習せなアカンのです。もちろん、HIPHOP、FUNK、SOUL、などをやろうとしている人々も、そのルーツとなる音楽グルーヴを、メチャ勉強・練習せな、話しにならんのです。ほな、サイナラ。

…♂…


posted by masta.G at 01:24| 大阪 ☁| Comment(0) | ミュージシャンを目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

天国との交信♪


この間テレビを見ていると、久しぶりに永六輔さんが出演しておられ、『東日本大震災で、元気や希望をもってと、よく僕の作った”上を向いて歩こう”を歌ってもらいますが、あの歌はそんな歌ではない。』とおっしゃっていました。歌の内容を知るということは、本当に大切なことです。英語の歌もそうです。内容がわからず、勘違い?

話は変わりますが、私は今年で58歳になりますが、この歳になるとまわりの人たちが死んでいかれます。本当にさびしく、どうしたらいいのかわからなくなります。私はそんなとき、詞を書き、歌をつくって、私の心と、亡くなった人の心をつないでおきたいのです。タイトル横のlinkをクリックしてどうぞお聴き下さい。

1.黄昏incomplete偲び草 http://soundclick.com/share.cfm?id=6996064

Tasogare2.jpg 偲びback.jpg


私の古市の叔母を思い作りました。空の写真は僕がLAで撮影したものを、そして裏ジャケットの文字「偲びぐさ」は亡くなった私の父が書いたものを使いました。子供の頃の写真は、私の父と、そしてchi-Bの父が撮影したものをアルバムから選びました。


2.夢のつづき〜Happy Merry Christmas〜 http://soundclick.com/share.cfm?id=7171716

私の父が亡くなった時に作ったものです。


3.フライング・バード http://soundclick.com/share.cfm?id=8001961

FrontMain_x.jpg


京都の友人torigenさんが亡くなったと聞いた明け方に作ったもの。ジャケット写真はtorigenさんが亡くなる数ヶ月前にご自分で撮影されたもの。タイトル文字は、彼の幼馴染で私たちの友人でもあるぶうみんさんが書いて下さいました。


4.Silent Prayer http://soundclick.com/share.cfm?id=9732637

chi-Bの父が亡くなった時に作りました。


5.I Miss U http://soundclick.com/share.cfm?id=11431876

トラックメーカーであり、私の大学時代からの音楽仲間であったkazhを思い作りました。このトラックもギターも彼の手によるものです。

リハーサルスタジオで練習をしたり、ライブをしていると、亡くなった人々が私たちを応援して下さっていると思うと同時に、まるで映画のように、そのフィルムは私たちを通して音になっているのがわかります。そこには、映像のように音楽が流れていくのです。思い出は、走馬灯のようにいっぱいキラキラと浮かび上がります。みんな、やすらかに…。天国に音がとどきますように。LOVE&PEACE。

…♂…


posted by masta.G at 15:44| 大阪 ☁| Comment(0) | ミュージシャンを目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

平和について


Gg2.jpg


故 岡部伊都子さんは、婚約者だった木村さんを戦地に送り出した。そして、戦後、”加害の女”と自分を責めた。自殺までも考えた。木村さんは、沖縄戦でアメリカ軍の砲撃によって両足を吹っ飛ばされ、すぐにピストルで頭をぶち抜いて自決されました。岡部さんは、戦後数十年を経て後、沖縄に行き、反戦デモ行進のあとを、きものを着て、雨の降る中やっと追い付いて歩いた。その後、天国のような竹富島という土地についた。白いサンゴの道を歩いて行くと、岡部さんの建てた『こぼし文庫』がある。今は、子供たちの図書館になっている。岡部さんは、この竹富島に住みたかったが、身体が悪かったので強い日差しの土地には住むことが叶わず、京都に住まれ、そして亡くなられた。

世界中のどこかで戦争があり、宗教対立があり、人種差別がある。私は、アメリカで住んでいた時に何回か人種差別を受けたことがある。湾岸戦争のとき、夜中のドーナツ屋でからまれた。すぐに、ピストルを持ったセキュリティーがやって来て、助けられた。またある日、僕は夜中の三時にドラムの練習をしていると、ポリスがドアをぶち破って突入してきた。5人のポリスはピストルを抜いて私の頭に。壁に手をついて、足を広げられ、床に倒され、背中に両手を回され、手錠をかけられた。ポリスマンは、その腕を引っ張り上げ、『立て。』と言う。彼は、手錠をかけた僕の左手を千切れるくらい引っ張った。手錠は食い込んで行く。わざとそうする。ポリスの腕にはTATOO。すぐに私は裸にされ、刺青をしているか?とチェック。どこのギャングか?日本のYAKUZAか!?ってネ!大阪市の職員には110人もの刺青を入れた人間がいるらしい。某市では、小指のないエライさんがいた。

日本では、東日本大震災で原発とか、政治やら、東電や、行政のウソがバレ始めた。この日本は、庶民をバカにし、行政・政治家はウソをつき、やるべき仕事をしない。いや、仕事をしない。これこそ税金の無駄遣い。暴動が起きないのがおかしいぐらい。LAにいた頃に経験した暴動はすごかった。怒った黒人の人々は、マーケットに火をつけ、街中から煙があがった。軍隊が出てみんな捕まった。これがアメリカのやり方。No Justice, No Peace.

平和RAPPA(平和ラッパ) BaLeRo(バレろ) Smile 4 Me,笑ってごらん

(曲名をクリックすると音楽が流れます。どうぞ聴きながらお読み下さい。)


若い人たち、音楽をどう思いますか?日本で売れている人を見て、それにあこがれる、もうそんな考えはやめませんか。レコード会社もプロダクションも金のことしか考えてません。死ぬまでやっていくんやったら、世界に通用するリズムとグルーヴが必要。日本では、ジャズ・ミュージシャンが一番ピュアです。売れるためには、勉強し、練習し続け、演奏し続けること、というのを知っている。亡くなったジャズ・ベーシスト西山満さんも言っていた。『朝から晩まで練習せなあかん!』世界とも手をつないで演奏している若い人もふえてきて嬉しく思います。それ以外のミュージシャン、メジャーになりたい、売れたいと思ってやっている若い人達は、終わる。売れたくて絵を描く人はダメ。人生を放り投げてでも、いい絵を描く人がえらい。音楽は基本的に、その時その時で消えていく。売れることなんか考えるな。レコード会社とプロダクションのワナにはまる。社会に奉仕しろ。マイノリティーな君たち、僕たちなんだから。欲にかられたミュージシャンにはなるな。

…♂…
posted by masta.G at 02:02| 大阪 ☁| Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

ジャケットと音楽 pt.1


CDやレコードの音楽は、ジャケットと大きなつながりがあります。私たちの代表作、『OSAKA』のシングル盤ジャケットを紹介しましょう。

(どうぞOSAKAを聴きながらお読み下さい。)

SingleCDfrontxx.jpg

BuildingG.jpg


この写真は、ちょうど、大阪にあった実家を失う前日に撮ったものです。曲のできる前の日に、涙して撮ったこの写真は、心のレンズを通してできたものです。音楽と写真は一体です。

次に、『Smile 4 Me、笑ってごらん』のジャケットを紹介しましょう。

smileFront1small.jpg


smileBack3.jpg


Smile 4 Me、笑ってごらん こちらも聴きながらどうぞ…)

この写真は、故 岡部伊都子さんと、故 私の父 辻川元春の、幼稚園のころの写真です。そのバックにある花は、都わすれの花。さきほど紹介した『OSAKA』のジャケット写真を撮影したその日、近所でたまたま見つけたものを撮影しました。なぜこの花なのか?という疑問の答えは、岡部さんの『遺言のつもりで』という本の19ページと397ページ(さいなら)を読んで頂くとお分かり頂けます。

曲や写真や映像は、作者のその時に、舞い降りてくるプレゼント。たまたま自分を通して、音楽や映像につながります。一本につながるのです。ちいさな頃、毎日、絵日記を書いていたように。みんな、何一つ子供のころと変わっていない。澄みきった心のレンズをもっているはず。みんな可愛いよ。いい子ですよ。今日はこの辺で、バイバイ。またネ!

…♂…
posted by masta.G at 02:56| 大阪 | Comment(0) | 詩または随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。